スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の筋腫について 4

輸血後、病室へ。
当然自分じゃ歩けずストレッチャーで。
点滴は両腕に。
すごーい。ドラマみたい。

夜、輸血の影響で熱がでた。
ずっと寝転んでると腰やら色んな所が痛くなる。
自分でさすれないのがツライ。動けないのがツライ。
死産だったから、看護師さんがたくさん話にきてくれた。
でも、その時は私そんなに落ち込んでないからいいのに。って思ってた。
でも今思えば、あの時、話しかけてくれてなかったらどんどん考えて落ちていってたかも。
だって他にすることないし。

1日経って、赤ちゃんに会いますか?って聞かれて、
前に流産した子は出たのに気づかず、トイレに流れてしまったから、前の子に悪いって気持ちがあって、赤ちゃんに面会はしないつもりです。と伝えたら、
看護師さんが、私に会いたくて頑張って出てきたから会ってあげてほしいと言った。
あー、そうか。私の気持ちばっかりじゃ駄目だなって思って会う事にした。
次の日、旦那や親は会わないって言ってたから一人で対面。
カワイイ、でもまだ人間にはなれてない子がそこにいて、なんか、変に助けることは無理だったコトを納得した。
母親に持ってきてもらった花やヌイグルミ、ぼうろを棺代わりの箱に入れてあげてお別れ。
次の日、旦那と私の父親が火葬に行ってくれた。

死産は悲しい事だったけど、前に携帯で読んだ赤ちゃんの胎児の頃の記憶の話に、意味があって赤ちゃん自身が死を選んだり、死ぬつもりだったのにお母さんが悲しむから死ぬのを辞めて産まれてきたりしてるって話があって、このことも私が落ち込んでいくのを止めてくれたと思う。
前の流産の子は、弟くんの障害を受け入れる為に必要だった。
今回は、子宮筋腫の手術を決心させてくれた。
ふたりともありがとう。
               続く
スポンサーサイト

非公開コメント

来てくれてありがとう(*´∀`)

プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
男の子2人を持つ子宮筋腫の手術を受けた専業主婦です。
兄はおたふく風邪で、片耳が難聴に。
弟は自閉症児で、ほとんどしゃべりません。
でも、お気楽に楽しくやってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。